積極的に挑戦する姿勢や熱意に可能性を強く感じました。

イメージ

私は就職活動中、様々な企業や業界を研究していましたが、活動を進めるにつれ食品や化粧品などの最終消耗品を製造するメーカーを志望するようになりました。当初ナリス化粧品については、名前を知っている程度ではありましたが、説明会や選考を重ねていくうちに仕事の面白さやナリス化粧品の独自性に触れ、入社を志望するようになりました。特に海外進出にも積極的に挑戦する姿勢や熱意、当時の人事担当の熱く語る言葉に可能性を強く感じ、入社を決意しました。
現在は人事部の責任者として採用や社員教育、人事制度の企画・導入、職場環境の改善等、多岐にわたり取り組んでいます。社員のモチベーションに直接影響する内容の業務が多く、全社員が満足するような絶対的な「答え」がない業務ですので、非常に難しい面もありますが、チャレンジすることも多く、非常に大きなやりがいと達成感のある仕事です。日々、何かしら新しい学びや発見もあり、自己成長にもつながっていると感じています。

私たちは、化粧品の開発から販売までを一貫して行うことができる総合化粧品メーカーとして、スピード感を持って仕事に取り組んでいます。その原動力として欠かせないのが、「女性の力」です。当社は、創業80周年を迎えるにあたり、「仕事と育児が両立できる職場環境を作り、ワークライフバランスを実現する」という目標を掲げ、「時間短縮勤務期間の延長」や「復職支援制度」など育児支援関連制度の大幅な拡充を行い、特に女性にとって働きやすい職場環境を整備しました。また、社員が直接会社に要望や意見を届けることができる「自己申告制度」の実施や社員教育体系の見直しなど、ナリス化粧品では「働きやすい職場環境づくり」により多くの力を注いでいます。私も、社員の声はもちろん、時代の流れや社会情勢を参考に「働きやすい職場環境づくり」に今後とも取り組んでいきたいと考えています。近い将来、「働くならナリス!」と皆さんから言っていただけるように頑張ります。


※配属部署、役職は取材当時のものです。

イメージ
学生の皆さんへ
入社から現在のキャリアまで
ページトップに戻る