経営に参加しているという実感が芽生えています。

若手が活躍できる環境に魅かれました。

イメージ

私は説明会の案内を受けたことをきっかけにナリス化粧品の選考に参加しました。当時は就職活動を始めたばかりで、やりたい仕事も定まっていませんでしたが、ナリス化粧品の人事部長と話す機会があり、若くしてチャンスのある環境ややりたい仕事を積極的に任せてくれる社風があることを聞くことができ、その熱意を感じました。私自身も自己成長や活躍の場を求めていたこともあり、若手が活躍できる環境やナリス化粧品の考えにとても魅力を感じたことを覚えています。
入社後は営業や管理業務など様々な仕事を経験した後、現在は事業管理部にて、訪販事業部の売上や予算といったデータの管理を任されています。営業活動を行えば、当然売上はアップしますが、どのような活動をしたから上がったのか?また、お客様がどのように増えていったのか?などを計数から読み取り、次の営業活動に向けての提案をしていくことが私の仕事です。提案した資料は、経営戦略や営業方針を決定する際のベースとなり、営業活動と計数がリンクし、将来の売上アップにつながっていくことにやりがいと仕事の面白さを感じています。

現在私は未来の経営陣を育成するためのジュニアボードというプロジェクトに参加しています。各部署から選出された14名のメンバーとともに現在の取り組みはもちろん、将来のナリス化粧品について考える機会が与えられています。
ジュニアボードはまだまだ発足したばかりですので、それぞれの部署の仕事内容や活動を共有している最中ですが、今後は「チャレンジしたいこと」や「改善ポイント」を話し合い、社長をはじめとした役員に提案できるようにしていきたいですね。そのためには、会社全体のことを把握しておく必要がありますし、私自身もスキルや知識を身につけていきたいと考えています。メンバーの中では、ジュニアボードを通じて経営に参加しているという意識や実感も芽生えていますので、今まで以上に若手の力や意見で会社を動かしていく、そんなナリス化粧品にしていきたいです。


※配属部署、役職は取材当時のものです。

イメージ
学生の皆さんへ
入社から現在のキャリアまで
ページトップに戻る