株式会社 ナリス化粧品

ENTRY

顧客にどんな幸せを
もたらすのかを考え
企画開発を進める。

吉住 優子

営業戦略室マーケティング課 課長
2007年入社
理学部卒

Recruiting

入社理由

やりたいことを
やらせてくれる社風

もともと美容に興味があり、大学時代に「メガビューティ」という美顔器をWEBで見つけて初めてナリス化粧品を知りました。それをきっかけに会社のことを知り、ものづくりに対するこだわりと、社歴に関わらずやりたいことをやらせてくれる自由な社風に興味を持ちました。学部卒でも研究開発職に応募できるという点も魅力的で、ものづくりも企画・マーケティングもやってみたいと考えていた自分にとって、どんな風に働きたい、どんなことをやってみたいかが一番具体的にイメージできたので入社を決めました。

Work

仕事内容

「一歩先の変化」を考え、
企画開発・マーケティングを行う。

現在は訪問販売事業における新製品の企画開発・マーケティングを行っています。単に「こんな新しいものが必要」という考え方ではなく、今の状況を整理して、「新しい製品を発売することでどんな変化を起こせるか、その結果会社をどうしたいのか、顧客にどんな幸せをもたらすのか」という常に「一歩先の変化」を考えるようにしています。言葉にすると簡単ですが、実行するのは困難です。「変化を起こす」という事は前例がなかったり、実行のために困難や障害があるなど、失敗することがあります。しかし失敗も「次」を考えるための原動力といつもポジティブに考え、挑戦し続けています。

Work Value

やりがい

自分の仕事が誰かに影響を
与えたと実感できた時。

自分の考えたプランに多くの人が共感してくれた時、また担当した製品で販売員やお客様が笑顔になっている姿を見た時など、「自分の仕事」が誰かに影響を与えることができたと実感した時に、大きな喜びを感じます。また課長になってからは、部下が同じような達成感を経験してくれると、自分の時の100倍くらいうれしく思います。

Vision

私の目標・夢

ナリス化粧品の
認知度を向上させたい。

ナリスの「ふきとり化粧水」は、紹介すると多くの方が驚き、感動してくれます。まずはこのふきとりで感動してファンになる人を今の1.5倍に増やす事が目標です。そのためにはこれまでの「当たり前」を壊して、もっと多くの人に感動を伝える方法を新たに考えていきたいです。ナリス化粧品は、顧客満足度は高いのに、まだまだ認知度が低いです。誰に聞いても「ナリス?知っているに決まっているでしょ!」と言ってもらえることが将来の夢です。

Good Point

ナリスの魅力

化粧品を通して多くの女性の
「生き方」を応援できるところ。

入社してはじめに思った事は、社員が皆明るくて人柄の良い人ばかりである事です。新入社員だから、女性だから、といった根拠のない偏見が少なく、仕事の中身そのもので平等に評価される社風と思います。新入社員の頃、役職がついた偉い人から突然気さくに声をかけていただき、びっくりするとともに態度の公平さに感動した経験が何度もあります。
また訪問販売の場合は、現場の販売員や顧客との距離が近いので、「女性が美しくなる喜び・幸せ」を目の当たりにする機会が多いです。化粧品を通して多くの女性の「生き方」を応援しているんだ、という大きなやりがいを持って日々仕事に取り組むことができます。

Message

メッセージ

未来をポジティブに
見つめられる人を待っています。

就職活動は何度も挫折したり、誰かと比べられたり、今までに経験のない困難が多々あると思います。しかし、「できない」「乗り越えられない」場面に出会うことは、実は大きなチャンスです。なぜなら、そこから成長が始まるのですから。社会人になったら失敗や困難だらけです。「できない」ことが普通です。初めから何でもできる人はいません。ナリスでは、「~ができる人」を求めるというよりも、失敗や壁にぶつかっても「じゃあ、できるようになるにはどうしたらいい?」といつも未来をポジティブに見つめられる人を待っています。どうか就職活動そのものを自分の成長に活かし、「どうなりたい」「どんな風に生きたい」を考えながら悔いのない経験にしてください。

1日のスケジュール

9:00
出社。メールチェックや回覧物チェック。予定確認など。部内朝礼
9:30
課員と開発中の製品コンセプトについて打ち合わせ
10:30
研究部門とミーティング。新規成分や処方について情報共有
12:00
昼休憩
13:00
企画会議。新製品の紹介や販売企画について打ち合わせ
15:00
デスクワーク。発売した製品の実績データを集計
16:00
広告代理店と接客。新製品の宣伝広告について打ち合わせ
17:00
退社

※時間短縮&フレックス勤務

OFF TIME

オフタイム

子供が2人いるので、オフタイムは子供を中心に過ごしています。親になってもまだまだ子供心が忘れられず、気がつけば自分の方が夢中になってしまうことも。最近は子供がピアノを習い始めたのをきっかけに、自分も弾きたくなってしまい、夜中にこそこそ練習したり、息子とピアノを取り合って喧嘩したりしています。写真は家族で鈴鹿サーキットに行ったときのものですが、レース用バイクや自動車に私の方が興奮してしまい、冷静な娘をよそに撮った一枚です。