入浴しないなんてもったいない! お湯につかるメリットは?

入浴しないなんてもったいない! お湯につかるメリットは?

「シャワーよりもお湯につかって体を温める方が良い」
このような言葉を聞いたことがある方は多いと思われます。
 
しかし、じっくりと体を温めるとどのような作用があるのか具体的に理解している方は少ないのではないでしょうか。
入浴のメリットについてご紹介します。

 

温熱作用によるメリット

温熱作用を分かりやすく言うと、お湯にゆっくりつかり体がポカポカと温かくなることです。
この温熱作用のメリットを見ていきましょう!
 
■血流の改善で「疲労回復」や「細胞の活性化」、「肌トラブル改善」
お湯につかり体温が上昇すると皮フの毛細血管などが広がり、血流が良くなります。
それにより体内の老廃物や乳酸など疲労物質の除去が正常に行われ、疲労回復や細胞の活性化に繋がります。
 
また、体の隅々まで血液が行きわたることでお肌に十分な栄養が運ばれるようになります。
これは、ニキビやくすみといった肌トラブルの改善をサポートします。
 
また体を温めることで毛穴が開き、毛穴の汚れも取り除きやすくなるでしょう。
さらに温熱作用を高めたいなら、炭酸入浴が有効です。
 
入浴剤を入れて炭酸の泡が発生するお湯につかることで、血管が広がり血液量が増えます。
すると、体の熱が血液に乗り全身へ運ばれるため、体の芯までポカポカと温まります。

 

温熱作用以外のメリットも!

入浴の効果は、体を温めることで得られるメリットだけではありません。
例えば、入浴によるリラックス効果を上げることができます。
お湯に肩までつかると重力に逆らう必要がなくなった筋肉や関節が弛緩し、リラックスに繋がります。
 
またバスタブの水圧によって、マッサージ効果を得ることができるとも言われています。
 
またお子さんがいるご家庭は、お子さんと一緒に入浴を楽しむのもオススメです。
一緒にお風呂に入ると、「スキンシップをすることで愛着が深まる」と言われています。
 
以上の理由から、心と体の美容と健康を保つために、入浴がとても有効であることはご理解いただけたでしょうか。
忙しい毎日だからこそ、なるべく毎日お湯につかって心と体を癒すよう心がけて下さい。