「大人二キビ」の対策にこそクレンジングオイルを!

「大人二キビ」の対策にこそクレンジングオイルを!

「クレンジングオイルは大人ニキビに良くない」と思われる方が多いですが、それは本当なのでしょうか?
お肌に残ったメイクはニキビにどのような影響を与えてしまうのか、まずはその点について考えてみましょう。
 

ニキビは皮脂が残っていると悪化してしまう

「アクネ菌」という人間の皮膚に存在している細菌をご存じでしょうか?
実はこのアクネ菌こそがニキビを作り出す原因となるのですが、通常時は「肌の酸性度の調整を行う」など、お肌にとって良い働きをしてくれています。
しかしアクネ菌は皮脂が大好物であるため、肌に皮脂が詰まった状態でいるとそれを栄養源に大量に繁殖し、ニキビを作ったり悪化させたりしてしまうのです。
 
クレンジングで落としきれずに結果メイクがお肌に残っていると、そこには汚れや皮脂がたっぷりたまってしまいます。
ニキビを悪化させないためには、クレンジング時にメイクを肌に残さないよう気をつけなければならないのです。

正しいクレンジングをしよう

クレンジングオイルでニキビを悪化させないためには「正しいクレンジングでメイク落としをして、メイクを残さないこと」が大事です。
それでは「メイクを残さないための正しいクレンジング方法」について確認していきましょう。
 
・クレンジングオイルは多めに使用する
ニキビへの刺激を心配して、クレンジングオイルの量を少なくしてしまうと、指先で肌をこすることになるため肌に直接的な刺激を与えてしまいます。
クレンジングオイルの使用量は、製品パッケージに記載されている量を守り、たっぷり使うように気をつけましょう。
 
・洗顔料も含めてすすぎ残しが無いように
クレンジングオイルも洗顔料も、メイクと同じように肌に残したまま放置すると細菌の栄養分になってしまいます。
そのためせっかくクレンジングをしっかり行っても、その後のケアがきちんとできていないと台無しになってしまいます。
クレンジングでも洗顔でも、髪の生え際、耳の後ろ、小鼻、あご、眉間などの細かい部分を中心に徹底的に「すすぎ」をするようにしてください。

一番大事なのは皮脂を溜めないこと

確かにクレンジングオイルはニキビのある人からすると心配になりますが、しっかりと洗い流せば問題ありません。
繰り返しになりますが、お肌にとって一番良くないのは「中途半端なクレンジングでメイクや皮脂をお肌に溜めてしまうこと」です。
クレンジングオイルでしっかりとメイクを落として、お肌のダメージを最小限に抑えるようにしましょう。