夏こそクリームを! 白肌を守るには保湿が肝心

夏こそクリームを! 白肌を守るには保湿が肝心

夏の肌の大敵と言えば紫外線。多くの女性が、シミやシワなどを作らないためにしっかりと日やけ止めを塗って紫外線対策をしていると思います。
 
一方、夏におろそかにされがちなのが保湿ケアです。
ベタつきを嫌って、あまり肌に何もつけずに化粧水だけでさっぱりとスキンケアを済ませているという方も多いのではないでしょうか。
 
でもそれは、肌にとって危険なこと。
夏の肌は、実はとても乾燥しやすいのです。
そして、肌が乾燥するとシミもできやすくなってしまうのです!

夏の肌は乾燥しやすい

また、夏は汗をかくため、肌表面はしっとりとしています。
乾燥とは無縁のような気がしますが、実はそうではないことが多いのです。
 
夏の肌はエアコンの冷風にさらされたり、紫外線を浴びたりすることでターンオーバーが乱れやすく、とても乾燥しやすい状態です。
また、かいた汗が蒸発する時に、肌本来の水分やうるおい成分も奪われてしまいます。
 
気温が上がる夏は、皮脂の分泌が活発になるためベタつきやすいのです。
これを嫌って、クリームなどの油分を使用しないスキンケアを行うと、さらに肌の乾燥が進んでしまいます。
 
肌は水分が少なくなると、これ以上水分が失われないように皮脂をますます大量に分泌させることで蒸発を防ごうとします。つまり、ベタつきを嫌ってクリームを避けていると、さらに肌がベタつきやすくなってしまうのです。

 

肌の乾燥がシミの原因に!?

夏は肌の水分が少なくなっても、冬のように粉を吹いたり小じわが目立ったりするわけではありません。
 
でも、肌が乾燥すると、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。
乾燥した肌はバリア機能が低下して、外部からの刺激に弱くなってしまいます。
紫外線のダメージもとても受けやすくなってしまうのです。
 
さらに、乾燥した肌はターンオーバーが乱れやすく、古い角質が肌に残りやすくなっています。
紫外線を浴びて作られたメラニン色素は、ターンオーバーが良好なら、自然と垢となってはがれおちます。ところが、ターンオーバーが滞って古い角質が肌に残り続けると、メラニンも肌に留まり続け、色素沈着を起こしてしまいます。
これがシミとなって現れるのです。

 

クリームで紫外線から白肌を守ろう!

紫外線が多い季節こそ、スキンケアにクリームを使うことの大切さをお分かりいただけたでしょうか?
 
この時期に取り入れるクリームとしておすすめなのは、保湿成分に加えて美白成分が配合されたクリームです。肌のうるおいを守ってシミなどのトラブルを起こしにくくするとともに、日中に浴びた紫外線のダメージをケアすることができます。
 
普段、クリームを使い慣れていなくてベタつきが気になってしまうという方や、もともと皮脂が多くてニキビができやすいという方には、目元や口元などの乾燥しやすいところに部分使いするのもおすすめです。
 
夏こそスキンケアにクリームを取り入れて、紫外線や乾燥によるダメージから白肌を守りましょう!