メイクのノリにも影響! 春夏の「乳液」を上手に使いこなす!

メイクのノリにも影響! 春夏の「乳液」を上手に使いこなす!

「化粧水で水分を補って、乳液などの油分でフタをして蒸発を防ぐ」というのは、保湿スキンケアの基本中の基本。
女性なら「知らなかった!」という方はいないですよね。
 
理屈はわかっていても「乳液ってベタつくから苦手……」という声が多いのも事実です。
特に気温や湿度が上がり出し、皮脂の分泌も盛んになるこれからの時期は、乳液を省いてしまう方もいるのではないでしょうか?
 
でもこれはお肌のためには絶対NG!
春夏こそ上手に乳液を使うのが大切なんですよ。

乳液は肌の内側からうるおいを保つ

乳液の役割は、肌表面に油分を与えることで肌の水分の蒸発を防ぐこと。
本来は皮脂と汗がまざって肌表面に作られる「皮脂膜」がその働きをするのですが、洗顔や入浴後には皮脂膜も洗い流されてしまうので、乳液で膜を作ってあげるのです。
 
「でも暖かい時期は、皮脂がすぐに分泌されるから必要ないのでは?」
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 
実は乳液による保湿の働きは表面に膜を作ることだけではありません。
乳液は肌に浸透し、角層の細胞間脂質を整えて内側からうるおいを保つ働きもあるのです。
 
これからの時期は、肌表面に皮脂が浮きながらも肌の内側は乾燥している「インナードライ」状態に陥る方が多いもの。
スキンケアの際にきちんと乳液を使うことがインナードライの予防にも役立ちます。

 

春夏の乳液の使い方のコツ

そうは言っても、この時期は乳液をつけるとベタつきが気になってしまうという方も多いかと思います。
確かに、冬場と同じ使い方をしているとTゾーンなどがベタついてしまう場合もあるかもしれません。
また、必要以上に使ってしまうとニキビなどの原因になることもあります。
 
春夏の乳液づかいは、「薄くまんべんなく」を意識しましょう。
 
まずは少量を手のひらに取り、両手で温めながら手のひら全体に薄く伸ばします。
そして、手のひらで顔全体を包み込むようにして、まんべんなく行きわたるようになじませていきます。
手のひらで温めることによって肌に浸透しやすくなり、ベタつきを感じにくくなるはずです。
 
さらに数秒ハンドプレスしてしっかりとなじませた後、乾燥が気になる部分があればそこだけ少し重ね付けしましょう。
化粧水をつける時のように、乳液を含ませたコットンで軽くパッティングする方法もおすすめです。
 
紫外線による肌ダメージが多いこの時期こそ、乳液で角質のなめらかさや肌のうるおいを保つことはとても大切です。
肌の水分と油分のバランスが整うことで、化粧ノリも良くなり、化粧崩れも起こりにくくなりますよ。
 
また、春夏向けの乳液には、さっぱりした付け心地のものや薬用で美白成分が配合されたものなどもあります。
暖かい季節こそ乳液を上手に使ってなめらか美肌をキープしていきましょう。