春の紫外線対策はファンデーションがカギ!

春の紫外線対策はファンデーションがカギ!

春になると、紫外線量は急激に増えます。
最も紫外線の少ない冬の間にメラニンが減少した肌は、紫外線によるダメージをとても受けやすい状態。
今から紫外線対策に本腰を入れるのが大切なんです。
 
今回は、初夏の紫外線対策についてのおはなしです。

肌にダメージをもたらす紫外線は2種類

地上に届く紫外線には、波長の長い「UVA」と、波長の短い「UVB」の2種類があります。
 
UVBは表皮にダメージを与え、肌に炎症を起こします。
肌が黒くなる、いわゆる「日焼け」は、主にUVBによって引き起こされます。
 
一方のUVAは、UVBのように炎症を起こしたり急激な変化をもたらさないため軽視されがちですが、実は肌に深刻なダメージをもたらすことがわかっています。
 
波長の長いUVAは肌の奥深く真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを変質させます
このため肌の弾力が失われシワやたるみを引き起こしやすくなります。
また、メラノサイトを活性化させてメラニンが作られやすくなるため、シミの原因にもなってしまうのです。

 

UVA量のピークは5月!

紫外線が最も多いのは、日差しが強まる真夏だと思われる方も多いかもしれません。
 
実際、UVBの量は7~8月がピークとなります。
また、冬にはピーク時の5分の1程度の量まで減少します。
 
だけど、肌老化の原因となるUVAの量については、実は5月がピーク
そして、最も少なくなる真冬でもピーク時の半分程度の量があるのです。
 
つまり、UVAについては年間を通じて対策が必要であると言えます。
そして、まもなくピークを迎えるこれからの時期は特にUVA対策が重要となるのです。

 

初夏の紫外線対策にはファンデーションを活用

春から初夏にかけての紫外線対策は、特にUVAの対策に重点を置くのが大切です。
UVAは波長が長いため、窓ガラスなども通過しやすい性質があります。
このため、日中は屋内にいても注意が必要です。
 
日中は日焼け止めを必ず使用するのが大切です。
そして、日焼け止めは朝一度塗れば夜までそのままで良いというわけではありません。
汗や皮脂、手で触れることなどによって落ちてしまうことを考えると、こまめな塗り直しが重要になります。
目安としては2~3時間に一度の塗り直しが効果的とされています。
 
とは言え、日焼け止めクリームを一日に何度も塗り直すのは難しい場合もありますよね。
そこで活用したいのが、UVカット効果のあるファンデーションです。
特にパウダータイプのものなら、化粧直しのついでに日中、こまめな塗り直しがしやすいのでおすすめです。
 
UVAから肌を守る効果の指標は「PA値」で示されます。
PA+からPA++++までの4段階で効果の高さが変化します。
これからの時期のファンデーション選びは、UVBのカット効果を示すSPF値とともにPA値についても確認すると良いでしょう。