春のケアは「洗顔」「クレンジング」が最重要!

春のケアは「洗顔」「クレンジング」が最重要!

穏やかな「春」をもう迎えてるこのシーズンは「頬はカサカサなのにTゾーンはテカテカ」「肌がゴワついて化粧ノリが悪い」といった肌トラブルを起こしがち。
 
これは、季節の変化と一緒に肌も不安定になるからです。
そんな時は、春に向けて「スキンケア」を見直す必要があります。

春は肌リズムが乱れがちに

春は暖かくなったかと思えば寒くなったり気温が変化しやすい季節です。
気温の変化につれて肌の働きも活発になり、皮脂の分泌量が増えて肌がベタつくようになります。
 
また、職場や人間関係などの生活環境が変化する時期でもあります。
精神的に不安定になりやすくホルモンバランスが乱れるので、ニキビや吹き出物ができやすい状態に。
肌も冬から春の気温に対応しようとして不安定になりやすくなるのです。
 
そして。春は冬に引き続き空気が乾燥しやすい季節でもあります。
乾燥した空気中には花粉や黄砂などのホコリをはじめ、PM2.5などの化学物質が多く舞っています。
乾燥によって乱れた肌表面にホコリや化学物質が付着してかゆみや炎症を引き起こすのです。

ポイントは「クレンジング」と「洗顔」

このように外部刺激から影響を受けやすく肌のコンディションが乱れがちな春は、スキンケアに注意しなければなりません。
皮脂や汚れを放っておくと肌トラブルを引き起こすため、クレンジングと洗顔で肌を清潔に保つことが大切です。
 
外出から戻ってきた際は、肌への負担が少ないクレンジングでメイクと一緒に汚れをきちんと落とした後、洗顔で毛穴に詰まってしまった余分な皮脂を取り除きましょう。
 
ただ、オイリー肌と勘違いしてゴシゴシと洗顔をすると、肌を外部刺激から守る必要な皮脂までも落としてしまうことになりかねません。
 
そこでこの季節にお勧めしたいのが、1本で「クレンジング」と「洗顔」の2つの機能を併せ持った「ダブルクレンジング」
ダブルクレンジングはしっかり泡立てて使うと、肌への負担が少なく、すっきりと洗い上げることができます。

正しい「泡立て」の仕方を覚えよう

ここで、泡立ての仕方を見直しておきましょう。
泡立てのポイントは「きめ細かく弾力ある泡をつくる」ことです。
 
泡立てを始める前に、石けんなどで手を清潔にしましょう。
手の平に油分が残っていると洗顔料が泡立ちにくくなります。
次に、人肌くらいのぬるま湯で3回ほど顔を優しく洗います。
洗顔料を手の平に取ったら水分と空気を含ませながら泡立てます。
目安はホイップクリームのような泡になるまでです。
 
十分に泡立てたら、泡を顔全体にのせて転がすように洗顔をしましょう。
指と顔の間にクッションを挟んでいるかのような感覚で。
そして、ぬるま湯か流水で泡をすすぎます。
熱いお湯ですすぐと肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。
 
最後に、柔らかいタオルで肌をそっと押さえながら水気を取りましょう。
ゴシゴシ拭きは摩擦で肌を傷つける原因です。

おわりに

いかがでしたか。春は生活とともに肌のリズムも乱れやすい季節です。
クレンジングや洗顔をもう一度見直すとともに、冬のスキンケアから春のスキンケアに衣替えしましょう。