初心者向け「プチ断食」の効果的なやり方

初心者向け「プチ断食」の効果的なやり方

「断食」は「つらいダイエット」というイメージがありますが、「プチ断食」なら普段の生活に気軽に取り入れることができます。
食べ過ぎ・飲み過ぎた翌日にプチ断食を行うといった自分の体調に合わせたスケジュールなら、初心者でも体重増加を防げます。
 
プチ断食のやり方を覚え、食べながらダイエットを成功させましょう!

飲み過ぎた翌日におすすめ「朝・昼プチ断食」

「昨晩の女子会でつい飲み過ぎてしまった…」なんて日は体を動かすのが億劫ですよね。
 
それは、遅い時間までお酒を注がれた胃腸がとても疲れているから。
消化吸収作業で大量のエネルギーを使った胃腸を休ませてあげれば体内の全器官も休むことができます
胃腸を休ませるためにも、なるべく朝・昼は食事を避けましょう。
 
水分補給で体からアルコールを抜いてあげることも大切です。
水の他に、フルーツ・野菜ジュースを摂るといったプチ断食のやり方も良いでしょう。
不足したビタミンやミネラルも補えるのでおすすめです。
 
また、夕食は脂質の低い食事を意識しましょう。

食べ過ぎた翌日におすすめ「主食だけプチ断食」

ビュッフェに行って食べ過ぎた、ストレスで暴飲してしまった日の翌日は、丸1日かけて食べ過ぎをリセットしましょう。
この1日を、プチ断食を有効に利用すれば脂肪の蓄積を防ぐことができます。
 
食べ過ぎた翌日のプチ断食は、主食とスイーツは食べずに他の食べものだけを摂るというやり方がおすすめです。
たんぱく質が豊富な赤身の肉、低カロリーな野菜料理、スープなどはOK。
1日主食を抜くだけで通常の食事より約800キロカロリーも抑えられるのです。
 
しかも、糖質不足になった体は余分についた脂肪をエネルギーに変えようと脂肪燃焼し始めます。
ダイエットにも期待できますね。

忙しい女性におすすめ「週末だけプチ断食」

朝から夜遅くまで仕事で忙しいと、食事や運動に気を配りにくいですよね。そんな女性には週末のみプチ断食にチャレンジしましょう。
 
時間がない平日の食事は、サンドイッチやおにぎり、丼ものといった炭水化物メインのもので簡単に済ませてしまいがち。
炭水化物ばかり摂っているとイライラしやすい体質になります
血糖値が上昇し、アドレナリンの分泌量が多くなるからです。週末のプチ断食で回避しましょう。
 
週末は、1日1食から2食をスープなどに置き換えるといったやり方がおすすすめです。
炭水化物を抜くだけでも血糖値の上昇も抑えられ、心も体もリラックスできます。
 
また、週末だけプチ断食をするだけで平日5日間分のカロリーリセットにも繋がりますよ。
 
もし、スープでプチ断食をするなら「クリーミーコンポタージュ」がおすすめです。
利尿作用があるカリウムが豊富なトウモロコシを使っているので、むくみで悩んでいる女性にもオススメなダイエットスープです。
 
以上のようなプチ断食のやり方なら、無理なくダイエットを続けられます。
あなたに合ったプチ断食で太りにくい体を手に入れましょう。