補給が大切!コラーゲンの仕組みと効果

補給が大切!コラーゲンの仕組みと効果

日頃、美容関連の商品でとても良く目にするコラーゲン。
美容商品や健康食品など、コラーゲンが含まれているかを基準に置いたり、類似商品の中でもコラーゲン配合、と書かれているだけで目を引かれますよね。
 
ですが、コラーゲンという名前となんとなくお肌に良いという印象だけで、コラーゲンがお肌にどんな働きをしてくれるのか、体内に取り入れるとどんな効果があるのか、しっかりと認識できていない方も少なくないはず。
 
今回は、コラーゲンの働きと効果について、お話します。

若さの象徴!コラーゲンはお肌の弾力と直結

コラーゲンは、お肌の中に存在しているタンパク質のことで、「真皮」と呼ばれる部分で主に効果を発揮しています。
真皮は、細い繊維の束が縦横斜めと存在し、それらが絡み合って網目状になっています。
 
この網目がネットの役割を果たし、ハリのある状態を常に保っていてくれるのです。
肌の美しさ、弾力、保湿力に大きく関係していて、特に保湿力と弾力は真皮が大部分を担っていると言っても過言ではありません。
ですが、20歳前後から徐々に減少を始め、40歳頃には子供の頃の半分ほどに減ってしまうのです。
 
コラーゲンの減少はそのまま肌年齢に直結するので、シワ、たるみの目立つハリの無い肌は真皮、つまりコラーゲンの衰退が原因です。

ハリだけじゃない?コラーゲンの減少がもたらす影響

コラーゲンはお肌だけに影響を与えるものと思われてる方もいらっしゃるかと思いますが、
そんなことはありません。
 
肌の組織だけでなく体中にコラーゲンは存在していて、真皮と同じように20歳前後を境に減少していってしまいます。
骨の中のコラーゲンが減少すれば骨粗鬆症を引き起こし、内臓組織のコラーゲンが減少して機能の低下を招きます。
 
コラーゲンは肌の若さのみならず、体全体の若さを保ってくれているのです。

塗るだけじゃない、コラーゲンの上手な摂取

ある一定期を超えると減少していくだけのコラーゲンですが、みなさんもご存知の通り摂取の仕方は様々あります。
最近ではグミなどのお菓子からもコラーゲンを摂取出来るようです。
ここで、若さを保つための効率的な摂取の仕方をご紹介します。
 
1タンパク質と同時に。
コラーゲンを摂取する際に、同時にタンパク質を摂取すると効果が出やすいとされています。
口からコラーゲンを摂取すると、一度胃の中でアミノ酸に分解されてしまうのですが、タンパク質が不足している状況だとそのままタンパク質として体内のエネルギーになってしまうのです。
 
タンパク質に変換させず、効率よくお肌のコラーゲンとして作用させるにはタンパク質の不足していない状況を作るのが一番です。
そして、鉄分やビタミンCも同時に摂取すると良いとされています。
全く関係の無さそうなイメージのある鉄分とビタミンCですが、コラーゲンの再生成を促しサポートしてくれる相性のいい成分なのです。

2サプリやドリンクで効率よく
タンパク質と鉄分、ビタミンC、全てをコラーゲンと同時に毎日摂取するのはとても大変なことで、継続は難しいかと思います。
ですが、市販されているコラーゲン配合サプリやドリンクでも十分に補給は可能です。
 
体内で分解されにくい工夫をしている製品が多く、食べ物で摂取するよりも濃密でカロリーを抑えて摂取出来るので、小食な方や化粧水での補給だけでは不安な方、様々な層の方におすすめ出来ます。

若さを保つ為に重宝されてきたコラーゲンですが、効率よく体内に取り込む事で最大限に力を発揮し、効果が目に見えるのがコラーゲンの特徴です。
日々の中にコラーゲン摂取をプラスして、若々しい肌と体を手に入れてみませんか?