蓄積するから気づかない!冬の紫外線

蓄積するから気づかない!冬の紫外線

お肌にシミやそばかす、時には吹き出物などのトラブルを起こす紫外線。
春夏は直接受ける日差しが強く、日焼けをしたり暑かったりと目に見えて紫外線を感じます。
 
それに比例するように、日焼け止めや日傘、夜のパックなどお手入れにも気が抜けませんね。
ですが、紫外線が弱い、安全だと思っている冬こそ、あなたの未来のシミ、そばかすを作っていることをご存知ですか?
 
今回は、見落としがちな冬の紫外線、そのケア方法についてお話させていただきます。

安心こそ最大の敵、冬の紫外線

春と夏は、紫外線の季節と称されるほど日差しが強く、紫外線に肌が傷んでしまうのを直接感じることが出来ます。
 
肌の角質層を軽い火傷状態にすることを「日焼け」という表現をしますが、ほんとうに怖いのは表面ではなく肌の内側を「焼いてしまっている」ということです。
紫外線は、長年肌の内部に蓄積してシミやそばかすの原因になります。
 
また皮膚ガンなどの原因になったりと、人体に影響をおよぼすこともあります。
 
ですが、日常的な日焼けの心配もなく長袖で肌を隠す冬こそ、顔や手先など露出された部分に紫外線を蓄積させてしまっているのです。
 
確かに冬は、夏の紫外線に比べて弱く、3分の1程度と言われています。
ですが、きちんと予防をして1分間日向に出る夏と、全くケアをせず10分間外に出る冬とでは、圧倒的に冬の方が紫外線を肌に当ててしまうのです。
 
きちんとケアしているのにそばかすが…、なんて経験のあるあなた。
見落としがちだった夏以外の紫外線が原因だったのかもしれません。

暑くないからこそ、冬に紫外線ケアを

今更ケアを始めても…と思う方も居るかも知れませんが、お肌のケアに今更なんてことはありません。
お肌は常に生成と衰退を繰り返しています。
既にシミの原因を蓄積してしまった肌も、これから生成されていく肌も、年間を通したスキンケアで保護していきましょう。
 
ケアと言っても、きちんと日焼け止めを塗ればいいのですが、特に気を使ってほしいことをご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。
 
(1)保湿が近道、浸透力のある肌に。
洗顔後、お風呂後の体の保湿は紫外線ケアにとても大切です。
乳液や化粧水をきちんと使い、潤いに蓋をした上から日焼け止めを塗ることで効果を持続させることができます。
乾燥しきった肌に日焼け止めを塗っても、効果を最大限に発揮するのは難しいのです。
 
乾燥により角質層やお肌表面のバリア機能が低下し、簡単に紫外線の光を取り入れてしまうので、常日頃から保湿を心がけて下さい。
肌の表面をしっかりカバーし、効果を長持ちさせるためにはお肌のコンディションが要となってきます。
 
(2)こまめな塗り直し
夏に汗をかいたら日焼け止めを塗り直すのと同じように、皮脂を拭きとった後や手を洗った後など、日焼け止めを使用した部分を拭き取ったり洗ったりした後は、 
きちんと塗り直すことを心がけてください。

とにかく、肌を乾燥させないこと、こまめに日焼け止めを塗り直すことが大切になります。
 
汗をかかずに外を歩け、散歩やショッピングなど野外で長時間過ごすことの出来るこの季節。
 
あなたの未来のお肌を守るためにも、今までの蓄積をシミ、そばかすに変化させないためにも、春夏秋冬それぞの紫外線と向き合い、見合ったスキンケアを行ってみてください。