冬は【角質肥厚】により「化粧水の浸透力 が落ちる?

冬は【角質肥厚】により「化粧水の浸透力 が落ちる?

冬は肌の乾燥対策として保湿をしっかり行おうと考える方は多いです。
 
しかし「肌に化粧水を浸透させようとしても、なかなか浸透しない…」そんな風に感じたことはありませんか?
冬は肌の乾燥対策だけでは不十分です。
角質ケアもプラスして重要になってきます。

冬の角質は厚くなる?

冬に陥りやすい乾燥肌は、肌のバリア機能低下によって引き起こされます
肌のバリア機能が低下すると、一年中降り注ぐ紫外線や、これからの季節多くなってくる花粉などのアレルギー物質からのダメージを受けやすくなってしまいます。
 
また、肌のターンオーバーが遅れがちになってしまいます。
それにより、肌トラブルや肌の乾燥をより促進させてしまう恐れがあります
これらのダメージから守るために、肌は角質を厚くしようとします。
 
すると、今度は別の問題が出てきます。
それは肌のターンオーバーが遅れがちになっているため、古い角質が取り除かれずに留まり続けることで
角質肥厚という状態に陥ってしまうということです。

角質肥厚になると…

古い角質が重なり厚くなる角質肥厚になると、化粧水が浸透しにくくなります
 
そもそも古い角質は本来、肌のターンオーバーが正常であれば取り除かれているべきものです。
それが肌に残ってしまっているため、肌の機能を阻害してしまうのです。
 
化粧水が浸透しないことで「乾燥肌をより促進させる」「インナードライ肌になる」といった恐れが出てきます。
肌の内側がカラカラに乾燥してしまうインナードライ肌になると、肌がよけいに水分を逃がさないようにします。
 
そうなると、さらなる角質肥厚に繋がります。

保湿の前に古い角質を取り除く

古い角質は肌のターンオーバーが正常であれば、洗顔だけで十分に取り除くことが出来ます。
 
しかし角質肥厚だからといって、力任せにゴシゴシと洗顔しては肌にダメージとなってしまいます
そこでオススメしたいのが、ルクエシリーズのスキンコンディショニングコンクIIです。
 
これは化粧水ではなくふきとり化粧水です。
あまり拭き取り化粧水という言葉に馴染みがないかもしれません。
普段、化粧水といえば「保湿」を思い浮かべることでしょう。
 
しかし、ふきとり化粧水は古い角質を取り除き、角質を育てることを大切にしています
洗顔後、拭き取り化粧水を適量取り、アゴから上へと力を入れず優しく滑らせていきます
 
こうすることで古い角質をほぐすように優しく取り除き、スキンサイクルのリズムを整えるのに役立ちます。
化粧水が浸透しないな、と感じた場合は角質肥厚の可能性があります。
 
ぜひキレイな肌を保つためにも、角質まで考えたケアを取り入れてみて下さいね。