効果に差が出る!美容スムージーの正しい基礎知識

効果に差が出る!美容スムージーの正しい基礎知識

手軽に作れて健康・美容に効果があると女性から人気の高い「スムージー」
 
しかしスムージーの効果を実感できない人も多いのが現状です。
効率よく効果を得るためには、飲むタイミングや正しい知識が必要不可欠。
 
今回はスムージーを正しく取り入れるために知っておきたいポイントや、オススメの食材などを紹介していきます。

スムージーを作る・飲むポイントやタイミング

スムージーとは、基本的には火にかけない状態の野菜や果物を、水と一種にミキサーにかけて撹拌したジュースのことです。
絞って繊維などを取り除いたサラサラの野菜ジュースとは違い、野菜や果物の繊維や栄養分を丸ごと摂れるのが人気の秘密で、熱を加えないので酵素やビタミンなども効率的に摂取することができます。
 
繊維や栄養分が効率的に摂れるので朝や昼などの栄養補給に向いており、ミキサーで細かく粉砕されるため美肌・健康成分の吸収も良いのが特徴です。
しかしスムージーには酸化しやすかったり、消化酵素の影響で胃を傷つけてしまうというデメリットがあるため注意も必要です。
 
ポイント1.作りたてを飲む
生野菜や果物を使ったスムージーは酸化が進むのが早いので、前の日の作り置きをしてはいけません。
作ってから時間が経つと味が落ちるのはもちろん、栄養価も低くなり美容・健康効果もどんどん薄れてしまいます。
市販の水や牛乳と混ぜて作る分包タイプのものも、作った後はすぐに飲むようにしましょう。
 
ポイント2.「噛んで」飲む
噛まずにゴクゴクと飲んでしまうと、唾液が出ないため消化器官の大きな負担になり、お腹が痛くなってしまうこともあります。
繊維も多く含まれるため、食べ物と同じくよく噛んでから飲み込むように心掛けましょう。
また噛みながら飲むことで満腹感が得られ、ダイエットにも効果的です。
 
ポイント3.食前に飲む
スムージーを飲むときには、特に決まった時間はありません。
好きなときに飲めばよいのですが、ダイエットには食前に飲むのが効果的と言われています。
満腹感のあるスムージーは、飲んだ後はお腹が一杯になりますので、食前に飲むと食事の量を調節することができますので、ダイエットにはお勧めです。

スムージーにオススメしたい「紫」色の食材

スムージーにはほうれん草や小松菜などの濃い緑の葉野菜が使われることが多いですが、紫の食材を使ったスムージーもオススメです。
紫色の食材には「アントシアニン」と呼ばれるポリフェノールの一種が含まれており、優れた抗酸化・抗炎症作用があるので、肌や内臓のエイジングケアに効果的です。
 
また視覚機能の改善や、脳の学習・記憶機能にも働きかける効果があります。
紫キャベツや赤しそ・ブルーベリーなどが紫の色素「アントシアニン」を多く持っている食材で、スムージーにもオススメです。
  
美肌や健康の大きな味方「スムージー」ですが、摂り方を間違えて効果があまり得られないともったいないですよね。
ポイントを守りながらスムージーを取り入れて、内側も外側も美しく変身しましょう。