生協と共同開発した製品を全国の組合員のもとに届ける。

杉山詠美

肌トラブルで悩んでいる方にナリス製品を紹介したかった。

私は、化粧品が大好きで漠然と化粧品に携わる仕事につきたいと思っていました。実は、化粧品を好きになったきっかけは、ナリス化粧品の訪問販売製品である「ふきとり用化粧水」を使い、それまで悩んでいた肌トラブルがなくなったことがとても嬉しく、感動したからです。肌がきれいになるという、他人にとっては些細な変化ですが、私にとても大きな自信と笑顔を与えてくれた化粧品が大好きになりました。自分の経験から、人に自信と笑顔を与えることができる化粧品の仕事に携わりたいと強く思うようになりました。また、愛社精神の高いナリスの社員に出会う機会があり、こんなに社員に愛されている会社で仕事がしたいと思いました。何より、私と同じように肌トラブルで悩んでいる方にナリス化粧品の製品を紹介し、一人でも多くのお客様の肌トラブルがなくなって笑顔になって欲しいという思いから、入社を志願しました。

一人でも多くのお客様にナリス製品を使っていただきたい。

私が現在所属しているコープ事業部は、日本生活協同組合連合(以下、生協)と共同で製品を開発することにはじまり、その製品を全国の生協の化粧品担当者とともに販売していく仕事を任されています。その中で私は、担当地区の生協の化粧品担当者に製品の販売方法の提案や製品を紹介するチラシの制作、またキャンペーンに伴うツールの企画や生協職員への製品学習会などを手掛けています。生協での販売は、店頭のようにお客様に直接製品を触っていただけないことが多いため、チラシやキャンペーンの企画では「どうしたら伝わるんだろう・・・」と悩むこともあります。しかし、私が考えたキャッチコピーやチラシが何万人という組合員(お客様)の手元に届き、「こんな化粧品もあったんだ!」と製品を購入いただけた時は、とても嬉しく思います。キャッチコピーや製品の写真一つで、売上が大きく変わるので、日々悩み、日々喜びの連続です。これからも一人でも多くの方にナリス化粧品が作る製品を使っていただき、入社前の目標であった一人でも多くの方の肌トラブルを解消したいと考えています。


※配属部署、役職は取材当時のものです。

期待と想像を超えるものづくり( 企画・生産 )
  • 研究開発 河内佑介
  • 製 造 松本亮輔
  • マーケティング 山形香里
  • 製品企画 土屋瑠美
  • デザイン 福山穂波