自分たちの想いで会社を変えることができると信じています。

「自由な社風があるぞ。」という先輩の言葉が入社のきっかけです。

イメージ

私は大学時代の1つ上の先輩がナリス化粧品で働いていたことがきっかけで興味を持つようになりました。就職活動中に、その先輩と話をする機会があり、「現在は研究開発に携わってはいるものの、将来は現在の経験を活かして営業や企画をやってみたい。ナリスには自由な社風がある。」という言葉が印象的でした。私自身も化学を専攻する理系学生でしたが、営業職に就きたいと考えていたこともあり、色々な経験ができそうだと感じたことが入社の決め手になりました。
入社後は研究開発部で製品の開発に携わっていましたが、その後は経営企画室・営業企画部と様々な企画の部署を経験しました。ナリス化粧品には各部署の事業を客観的に見ることができる体制があり、良い意見はどんどん取り入れていく社風があります。私自身もいくつか部署を異動しましたが、どの部署でも仕事は「現状を良くしていくこと」だと思っています。私たちが考えたことや行動で会社や組織が変わっていくことを実感できた時は嬉しいですね。

社員全員がナリスをより誇りに思えるような会社にしたい。

現在私が所属する営業企画部では、3年先のナリス化粧品はどのような営業を行っていくか?どのような商品を販売していくか?などの営業戦略の立案や経営陣を交えてのディスカッションなどを通じて、訪販に店舗やカタログなどをプラスした新しいビジネスモデルの確立を目指しています。そしてその戦略に基づいた上で、今年は何をするか?1年先はどうなっているか?などの営業展開や新製品の開発計画などを立案していきます。ナリス化粧品が向かう先を白地図に書き込んでいく仕事ですので、ワクワクしますし、自分たちの想いや意見次第で会社や未来を変えることができると信じて仕事をすることができることも魅力の一つです。今後も私たちが考えた戦略や製品・企画・販促物で、世の中にナリス化粧品という会社名を広めていきたいと考えています。そして、社員全員がナリス化粧品をより誇りに思えるような会社にしていきたいです。


※配属部署、役職は取材当時のものです。

イメージ
学生の皆さんへ
入社から現在のキャリアまで
ページトップに戻る