仕事紹介

市場のニーズに応えるたくさんのチャネル( 販売・営業 )

訪販事業

訪問販売事業は、ディーラー(取引先販売所・グループリーダー及び24万人のナリスビューティーアドバイザー)と全国200店舗を超えるビューティースタジオ「デ・アイム」を通じて化粧品や美容関連製品の販売を展開しています。営業は新規市場の拡大とディーラーの販売力、収益力アップを目的としたコンサルティング業務を行っています。具体的には新製品の説明、エステティックやメーキャップの技術指導、お客様の作り方や、イベントの企画・開催、経営のコンサルティングと幅広いサポートを行います。ナリス化粧品は、お客様が安心して化粧品を使用し、効果を実感してもらえるように、エステティックや肌診断サービス、セルフエステ、「デ・アイム」での拠点展開等、新しいサービスやシステムを導入してきました。今後も、今までのネットワークを活かしながら、さらに時代のニーズに合わせて新しいビジネススタイルに挑戦していく、それがナリス化粧品の訪販事業です。

イメージ画像

ページトップに戻る

海外事業

様々なマーケットの多様なニーズに対応するナリス化粧品の技術力と製品企画力。この力は、海外においても広く発揮されています。
昭和40年にハワイに進出して以来、ロシアや中国、東南アジアなど次々に開拓してきた海外市場。ナリス化粧品の海外事業部は、気候や習慣、食生活など、国によってそれぞれに違う諸条件を綿密にリサーチしています。その地で真に求められている化粧品を幅広い視点から研究開発のスタッフと共に開発することによって、信頼のブランド「ナリス」を浸透させています。
また、各国の代理店サポートも海外事業部の大切な仕事。現地に頻繁に赴いて行われる広告・販売促進活動はもちろん、現地スタッフの教育やサポート、展示会の参加などに取り組むことにより、ナリス化粧品の“for others~人様のために~”の精神もまた、海を越えて広がっています。

イメージ画像

ページトップに戻る

コープ事業

コープ事業は、日本生活協同組合連合会(生協)と共同開発した製品を全国2600万人を超える組合員対象に販売しています。
担当地区の化粧品担当者と一緒に製品の販売方法や普及方法を企画したり、製品を掲載するチラシの制作、新規アイテムの提案やキャンペーンの企画・ツールの制作、そして生協の職員や組合員に向けての製品学習会など、製品を販売するための様々な仕事に取り組んでいます。

イメージ画像

ページトップに戻る

OEM事業

OEM(Original Equipment Manufacture)事業は、他企業とコラボレーションして新たな製品開発と市場開拓を行っていく事業です。ナリスグループが培ってきた開発から製造、販売までのノウハウを提供して、一緒に新たな価値製品を創り出していきます。一般的な受託業のように受注どおりの製品を生産するOEMだけでなく、企画立案からデザイニング、容器設計、処方開発、製造、販売教育に至るまで、ノウハウを全て提供し、ビジネスをトータルにデザイン・コーディネイトしていくこともあり、私たちは、ODM(Original Design Manufacture)事業と呼んでいます。

イメージ画像