思春期ニキビとどう違う? 「大人ニキビ」のメカニズムと対策

思春期ニキビとどう違う? 「大人ニキビ」のメカニズムと対策

昔から、「ニキビは青春のシンボル」と言われてきました。
たしかに、皮脂の分泌が活発になる思春期にはニキビができやすいものです。
 
しかし、ニキビに悩まされるのは思春期ばかりではありません。
成人してからニキビに悩まされている方も多いのではないでしょうか?
 
20代以降の肌に現れるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれ、思春期のニキビとは症状も原因も異なります。今回は、大人ニキビの原因や対処法などについてお伝えします。

 

大人ニキビと思春期ニキビはどう違う?

思春期の頃を振り返ると、ニキビができやすいのは額や頬など顔の中でも皮脂の分泌が多い部分だったという方が多いかと思います。
 
一方、大人ニキビが最もできやすいのは、口もとやあごなどです。
思春期ニキビは脂っぽいものが多いのに対して、大人ニキビはポツポツと乾燥した状態のものが多いでしょう。
 
また、膿を持ち炎症を起こしやすく、治っても繰り返し同じ部分に現れやすいということも大人ニキビの特徴です。そのため、痕も残りやすくなり、一度できるととても厄介な存在です。

 

大人ニキビはどうしてできる?

こうした症状の違いは、大人ニキビのできるメカニズムが思春期ニキビとは異なるために現れます。
冒頭でお伝えしたように、思春期ニキビの主な原因は過剰に分泌された皮脂で毛穴がつまってしまうことです。
これに対して、皮脂分泌が落ち着く20代以降のニキビは、肌の乾燥や肌に蓄積した古い角質の影響が主な原因であると考えられます。
 
さまざまな要因によって肌が乾燥したり、肌のターンオーバーが乱れたりすると、肌の表面に古い角質が溜まって硬くなり、毛穴の出口をふさいでしまいます。
ふさがった毛穴の中でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことで現れるのが大人ニキビなのです。

 
 
 

大人ニキビを改善するためには

では、どうしたら大人ニキビを改善できるのでしょうか。大人ニキビの原因となる肌の乾燥やターンオーバーの乱れは、睡眠不足や食生活の乱れ等、不規則な生活習慣やストレスの影響が大きいとも言われております。ただ、複雑な現代社会で生きていく中で、生活習慣の見直しや、ストレスの排除はなかなか難しいものです。
そこで、それ以外に簡単にできる策として、スキンケアによって改善できる大人ニキビ対策をあげてみました。
 
➀クレンジングはオイルでしっかり&たっぷり
大人ニキビがある肌は、いかに負担なく綺麗にメークを落とせるか、特に毛穴やキメの奥に詰まった皮脂や汚れを残さず落とすことが大切です。そのため、意外に敬遠されがちなオイルクレンジングは、皮脂やメークの汚れ落ち効果が高く、大人ニキビのクレンジングとしては適しています。また、炎症を起こしている肌にごしごしこすることなく、素早くなじむので、炎症を悪化させることもありません。ただ、いずれのクレンジングを使うにしろ、①多めの量を使用して、肌を「こすらない」 ②しっかり徹底的に「すすぐ」という2つのポイントを、特に大人ニキビに悩む方は守る必要があります。
 
➁あえての保湿ケア ~化粧水だけはNG~
「ニキビができやすいから油分が多い乳液を使わず、化粧水だけ・・・」という方も多いのではないでしょうか。しかしながら、大人ニキビがある肌の人とない肌の人を比べたとき、大人ニキビがある肌の人の方が、お肌が乾燥していることがわかりました。つまりニキビケアにはNGと思いがちな保湿ケアこそ、大人ニキビに必要であることが分りました。
こっくりとした油分が多いべたべたのクリームを使う必要はありませんが、大人ニキビがあっても使いやすいみずみずしいタイプの乳液を使うことでしっかり保湿ケアをしてください。また、なるべく老化角質を柔らかくして角栓をつまりにくくする角層ケア成分や、肌を優しくいたわる抗炎症成分を含んだ保湿アイテムを使うことをお勧めします。
 
➂お手入れのステップを少なくし、肌を休める
大人ニキビがある肌は、ストレスに弱い状態になっています。いくら保湿ケアが必要だからと言って、たくさんのアイテムを使って栄養分をたっぷり与えると、栄養過多でかえってストレスになってしまいます。また、お手入れアイテムが多くなるほど、弱った肌に摩擦ストレスを与えることになります。なるべく大人ニキビの時は「肌を休める」ことを目的に、必要最低限のアイテム(クレンジング/洗顔、保湿等)に絞り、シンプルなスキンケアを心がけましょう。
 
以上がスキンケアによる大人ニキビ改善のためのアドバイスです。
それに加え、生活習慣も出来るところから改善して、今年こそはニキビに悩まされない美肌を目指しましょう。