シワ、たるみ、クマ……目元のお悩みが起こる原因と対策は?

シワ、たるみ、クマ……目元のお悩みが起こる原因と対策は?

目元は年齢が現れやすい部分の一つですね。
目の下の「クマ」に「たるみ」や目尻や目の下の「シワ」、まぶたの「たるみ」などがあると、疲れた印象や老けた印象になってしまいます。
 
こうした目元の肌の問題は、どうして起きてしまうのでしょうか?
原因やケア方法を知って、ハリのある若々しい目元を目指しましょう!

 

目元の肌はとても繊細!

空気が乾燥する冬は、肌も乾燥しがちですね。
中でも目元は、特に乾燥しやすい部分の一つです。
目元には皮脂腺がほとんどないため、肌を乾燥から守る皮脂が不足しやすいのです。
 
また、目元の皮フはとても薄く、その下には皮下脂肪がほとんどありません。
このため外部からの刺激によってダメージを受けやすいのです。
それに加えて目の周りは骨による支えがなく、筋肉や皮フへの負担が大きいという特徴も。さらに、細い静脈が集中していて血行不良が起こりやすい部分でもあります。

 

繊細なのに酷使されやすい部分

上記のように、目元の肌はとても繊細です。
そんな繊細な部分であるにも関わらず、目は瞳を乾燥から守るために常にまばたきの動きを繰り返しています。その回数は、1日2万回以上と言われています。
目元の肌は、起きている間休むことなく伸縮と弛緩を繰り返しているのです。
 
また、日々のアイメイクやそのクレンジング、コンタクトの着脱などによる刺激も避けられません。加えて、パソコンやスマホなどを長時間使用するなど、日常的に目を酷使しがちな方も多いかと思います。
 
こうした要因が重なることで目元の乾燥や血行不良が起こり、クマやたるみ、シワなどの原因となってしまうのです。

 

すっきり目元を保つために心がけたいケア

目元にトラブルが起こりやすい理由をお分かりいただけたでしょうか?
目元のシワやたるみなどの問題をできるだけ防ぐためには、日々の生活の中で目元への刺激をできるだけ少なくすることが大切です。
 
アイメイクやクレンジング方法を見直したり、長時間のスマホやパソコン作業の際にはこまめに目を休めるようにしたりといったことを心がけましょう。
十分な睡眠を取るようにすることも重要です。
 
あわせて、アイクリームによるケアを取り入れるのもおすすめです。
アイクリームはたくさん種類がありますが、選ぶ際のポイントとしては乾燥から目元を守るために濃厚で密封性の高いテクスチャーのものを選ぶと良いでしょう。
また、アイクリームを目元になじませた際、軽く目元のマッサージを行うとさらに効果的です。

 

【目元のマッサージ方法】



1.目頭の上のくぼみを軽く指圧した後、眉下、目尻、目の下を通って目頭の上のくぼみに戻り、再度軽く指圧をします。
2.人差し指の第二関節を使い、目の下のくぼみに沿ってこめかみまで指圧をしながら進みます。
3.親指で眉下を押し上げるように、目頭の上のくぼみからこめかみまで指圧をしながら進みます。
 
※1~3をそれぞれ2~3回ずつ、優しくゆっくり行ってください。
※まぶた(眼球)の上は押さないでください。
 
目元の肌にトラブルが起こりやすい原因と対策などについてご紹介しました。
繊細な部分だからこそ丁寧なケアを心がけて、ハリのある美しい目元を保っていきたいですね。