冬のカサカサ手荒れ 効果的な対策とケアは?

冬のカサカサ手荒れ 効果的な対策とケアは?

冬になると肌の乾燥やカサつきに悩まされるという方は多いと思います。
肌の乾燥はいろいろな部分に見られるものですが、中でも多くの人が困っているのが「手荒れ」ではないでしょうか?
手や指がカサつくのは気になるものです。さらに悪化するとかゆみや湿疹、ひび割れなどの症状に発展してしまうこともあります。
そんなイヤな冬の手荒れについて、原因や効果的な対策・ケアについてお伝えします。

 

冬に手荒れが起こりやすい原因は?

暖かい季節には特に手肌にトラブルが起こることが少ないのに、寒い季節になると手荒れに悩まされるという方は多いと思います。冬は手荒れが起こりやすい季節なのです。
 
健康な肌の表面は、皮脂と汗が混ざって作られる「皮脂膜」で覆われています。この皮脂膜は、肌を刺激物などから守るとともに、肌の内側の水分が蒸発して失われるのを防ぐ働きを持っています。
 
手肌はもともと、顔などの肌と比べて皮脂腺が少ない部分です。さらに気温が下がる冬は、皮脂の分泌量が少なくなります。この結果、手肌を守る皮脂膜ができにくくなり、普段よりも乾燥したり肌荒れを起こしたりしやすくなってしまうのです。

 

心がけたい冬の手荒れ対策は?

冬になると手荒れが起きてしまうという方は、以下のような対策を心がけるようにしましょう。
 
・手を水に濡らす機会を減らす
手を洗ったり水やお湯で濡らしたりすると、手肌の皮脂が流されて手荒れが起こりやすい状態になってしまいます。特にお湯は皮脂を落としやすいので要注意! 手を洗う必要がある時は仕方ないですが、それ以外の場面でできるだけ手を水やお湯で濡らさないように意識しましょう。たとえば炊事や掃除で水仕事をする際はゴム手袋を着用することをおすすめします。また、入浴の際は、手のひらを湯船に入れないようにすると良いでしょう。
 
・ゴム手袋をする時はハンドクリームを
水仕事をする際にゴム手袋着用をおすすめしましたが、ゴム手袋を付ける前にハンドクリームを塗っておくと、お湯で外側から温められてパック効果が期待できます。
 
・水に濡れた後はハンドクリームでケア
手を洗った後は清潔なタオルで水分をきちんと拭き取ってから、ハンドクリームを薄く伸ばして手肌を保護しましょう。手洗いで流れてしまった皮脂膜の代わりに肌を守ってくれます。洗面所やオフィスなど、すぐに使用できるようにハンドクリームを常備しておくのがおすすめです。
 
・眠っている間にしっかり保湿ケア
一度手荒れが起こってしまうと、ハンドクリームを塗ってもすぐにカサついてしまうものです。このような状態の時は、毎晩眠っている時間の集中ケアを継続しましょう。寝る前にハンドクリームを塗って、就寝時用の手袋などをつけて寝るようにしてください。ハンドクリームを塗る前に化粧水などで軽く水分を補うのも良いですよ。
 
以上、冬の手荒れの原因と対策についてご紹介しました。
寒くなるこれからの季節、しっかりと対策して手肌のうるおいを守っていきましょう。